ビブロスウェブサイト

ゲームの話題を中心に、好き勝手書いてます。

【アナザーエデン】攻略日記:プレイ内容を詳細に紹介58【千年の匣わだつみの神殿編④】

   

 

※アナザーダンジョンの真珠の収集量データも載せています。

Ver 1.3.0 アップデートにて、
『アナザーエデン 時空を超える猫 千年の匣わだつみの神殿編』が追加されます!
前回は真珠を集めてました。

アナザーエデン_001

アナザーエデン_001

スポンサーリンク

第1回はこちらから。
前回はこちら
前回イベントはこちら

アナデン_533

竜宮真珠をたくさん集めて、ついにオトヒメの槍が真価を発揮します……の前に。シーラはまだオトヒメを器を示すための【継承の儀】を行っていないことが判明しました。儀式といっても、単に民衆に認めてもらえればいいようですが。
超絶お転婆なシーラを見かねた大臣は儀式そのものをシーラに話さなかったようです。

ちなみに、半裸のオトコは従うか死かを民衆に差し迫り、力づくで継承の儀を執り行ったと言います。

アナデン_534

対するオトヒメは、アルドとの出会いから竜宮城での騒動を通じて、人間的に成長したのでしょう。改めて大臣に頭を下げ、皆にオトヒメとして認めてもらえるとう頼み込みます。竜宮城の住人も「こんなに立派になって……」と感嘆を漏らします。

アナデン_535

黄金に輝く槍を手に、半裸の乙姫が突き破った次元の狭間を再び突き破り、後を追いかけます。

アナデン_536

神気取りの第二十九代オトヒメ。見た目に油断していると痛い目を見ます。
HPが50%を切ったあたりから、力を増すように、オトヒメが攻撃するたびに自分自身に対してバフをかけてきます。二軍以下の編成だと返り討ちに成っちゃうかもしれません。

アナデン_537

何とか倒しても、まだ余裕の神ことオトヒメ。そのまま虚空へと消え去ってしまいました……。

アナデン_538

こうして、竜宮城に平和が戻り、シーラは100年前の竜宮城党首と現在の竜宮城投手を兼任することになりました。めでたしめでたし。

で、……いいのかな? 
『王は君臨すれど統治せず』のような感じでお飾りの当主ならあんまり問題ないのかもしれませんが海の民は基本大らかスピリッツなのでしょう。

アナデン_539

宴もたけなわ。帰ろうとするアルドにオトヒメからの玉手箱が。
全力で拒否するアルド。玉手箱の中身を知っていれば、まあそうなりますね。

オトヒメのもう一つの任務、玉手箱に閉じ込めていたモンスターを探すために、いっしゅん仲間から離れましたが、再び仲間になったシータと共に更なる旅に出かけます。

アナデン_540

ディアドラのイベントでは、一イベント完結式でしたが、ジェイドは続編あり、シーラは続編をにおわせつつ終了となりました。イベント内で完結した方がすっきりするので、ディアドラのイベントが一番好みだという感想ですが、今後の展開にも期待を持てますし、楽しみに待っていましょう。

半裸のオトコは、ネプチューンやポセイドンといった東欧の神さまに関係してくるのでしょうか……。

アナデン_541

ここからはオマケ。
竜宮城にて、まだ通路に続きがあります。アンモナイトモドキを過去へ行って追っ払い、珊瑚を取り除き……。

アナデン_542

知るセイウチぞ知る大泥棒ワルラスを退治します。対峙すると称号取得します。

アナデン_543

アナデン_544

アナデン_45

アナデン_547

子供の日記から、冒険者のメモをたどるイベントが。
現在の三の丸の柱→過去の三の丸の部屋の本棚→現在の本棚の奥と、こちらも過去と現在を行ったり来たりします。子供の残した装甲版、何やらオーパーツめいた怪しい響きですが……。

『外観は入手した時代にそぐわずワイヤーのような繊維層と特殊な金属の表層で出来ており、その構成と形状から鱗を彷彿させる。1枚の鱗と仮定すると、とてつもなく巨大な生物となるが……』

何かのフラグでしょうか? 個人的には、場末の酒場を栄えさせるイベントを見つけたかったのですが。竜宮城のイベントはここでいったんお開きとなります。

次回に続きます。

ios

googleplay

竜宮城は二つあった: ウミガメの回遊行動と生活史の多型 (フィールドの生物学)

新品価格
¥2,160から
(2017/7/31 21:44時点)

©Wright Flyer Studios

 - アナデン, ゲーム